子供の矯正

お子さまの矯正治療

お子さまの矯正治療お子さまの矯正治療は、体の成長や発育と大きく関わっています。
そのため矯正治療もお子様の成長に合わせ、アゴや歯のバランスを調整しながら治療を進めていきます。アゴが成長した大人と違い、なるべく大切な永久歯を抜かずに治療を行うことができます。
しかし、早く治療を始めればいいというわけではありません。お子さまのお口の状態や歯並びによっては、永久歯に生え変わってから治療を開始した方が良い場合もあります。大切なことは、「早期受診」で適切な矯正時期を見極めて治療を行うことです。
丈夫でキレイな歯並びは、親御さまからお子さまへの最高のプレゼントです。お子さまの矯正治療も、安心して当院へお任せください。

子どもの頃に矯正する重要性

子どもの頃に矯正する重要性お子さまの歯並びで気がかりなことがあるのに、「まだ乳歯だから」「もう少し様子をみよう」など自己判断をされていませんか?
乳歯の頃から歯並びが乱れていると、永久歯の歯並びにも悪影響を与えるケースがあります。また、歯並びが悪いまま放置していると、歯やアゴの関節にダメージを与えやすいだけでなく、成長や発育と共にアゴの骨の変形や不具合を引き起こす可能性があります。
歯並びだけでなく、永久歯の生え代わり方が歯並び全体に悪影響を与えてしまうこともあるので、乳歯の歯並びや永久歯の生え変わり方で少しでも気がかりなことがある場合は、早めに矯正歯科医にご相談ください。

メリット・デメリット

小児矯正のメリット

小児矯正の最大のメリットは、「お口やアゴの骨の変形・異常成長を防止する」ことです。成長期に矯正治療を行うことで、アゴの成長を正しくコントロールし、大人になった時に自然に整ったお顔になるよう導くことができます。
また、小児矯正を行っておくことで、大人になってからの矯正治療の必要がなくなる場合があります。もし大人になってからの矯正治療が必要になっても、抜歯や手術を回避することができ、矯正装置の装着期間も短期間で済みます。

小児矯正のデメリット

小児矯正のデメリットとしては、矯正装置を装着していることで、装置の隙間に食べカスが残りやすくなり、虫歯になりやすくなることです。当院では、矯正治療中は1~2ヶ月に1度の通院をしていただき、その際に歯並びの状態だけでなく、虫歯のチェックも行っています。これにより、予防処置を受けていただけるので、矯正治療を受けていない時よりも虫歯を予防できるとも言えます。
また、矯正装置を装着することにより、発音や食事などに慣れが必要になります。

子どもの矯正の時期

1.混合歯列期治療(6歳~小学校中学年)

乳歯と永久歯が混合している時期に行う矯正治療を混合歯列期治療といいます。この時期には、歯並びの不具合を改善し、発育や成長の妨げとなっている原因を改善します。また、アゴの骨や歯槽骨の大きさ・形が適切になるよう調整しながら治療を進行していきます。
混合歯列期治療を終えた後は、永久歯への生え変わりやアゴの成長具合の経過をみながら、問題がなければ永久歯列期治療を行わずに済む場合もあります。

2.永久歯列期治療(小学校高学年~中学生)

永久歯が生えそろう時期に行う矯正治療を永久歯列期治療といいます。より美しく機能的な歯並びを目指して、歯並びを整えていきます。混合歯列期で土台を整えておくと、この時期の治療をスムーズに進めることができますが、混合歯列期の治療を受けていなくても永久歯列期の治療を行うことは可能です。
永久歯列期治療では、お子様の意思がある年頃ですので、お子様にも治療の説明を十分に行い、ご本人の意思を確認しながら治療を進めていきます。

子どもの矯正について

MFT(口腔筋機能療法)

MFT(口腔筋機能療法)MFT(口腔筋機能療法)とは、「口周りの筋肉機能を改善する訓練法」のことをいいます。
英語ではOral Myofunctional Therapyといい、MFTと略されています。
MFTはお口の筋肉の機能をトレーニングによって改善し、正常な歯列を維持するための環境作りを行います。筋肉トレーニングに加えて、咀嚼や嚥下のトレーニングも行い、唇と舌の正しい位置を得ることで、歯列への筋圧バランスを整えます。
トレーニングにより、正しい口周りの筋肉や舌の動かし方を習慣化させ、歯列を安定させることが目的です。当院にてトレーニングの指導を行い、ご自宅でもトレーニングを行っていただきます。

プレオルソ

  • 「昼間に1時間」と「就寝時」のみの装着で歯並びを改善
  • 取り外し可能なため「違和感」が最小限

「プレオルソ」とは、子供の歯並びを整えるマウスピース型矯正装置です。この矯正装置の特徴は、歯を動かすのではなく、歯並びを悪化させている原因(口周りの筋肉)を改善することで歯並びを整えていくことです。歯は適当に並んでいるわけではなく、「舌・頬・唇の筋肉のバランス」に合わせて生え並んでいきます。つまり、この口周りの筋肉バランスが乱れていれば歯並びも乱れ、筋肉バランスが整っていれば理想的な位置に自然と生え並んでいくということです。

プレオルソは、お口に装着することで自然と口周りの筋肉をトレーニングして筋肉バランスを調整してくれるため、結果として、歯が正常な位置へと並んでいくことになります。

歯並びが悪いとどんな影響があるの?

MFT(口腔筋機能療法)

お子様の歯並びに不正咬合があると顎の骨やお口のまわりの筋肉の成長に影響が出てしまう可能性があります。また、そのままの状態で成長してしまうとお口だけではなく全身の骨格に悪影響を及ぼしてしまい姿勢が悪くなってしまうこともあります。歯並びが悪いことで歯みがきが上手くできずむし歯や歯周病になってしまうこともありますので子供のうちに正しい歯並びへと導いてあげましょう。

 

子供の矯正を考えるタイミング

一般的に 6 歳~12 歳におこなう矯正を一期治療といいます。永久歯が生えそろってから本格的に治療を行うことを二期治療といいます。一期治療ではまだお口の状態も成長途中となるため骨や歯が動きやすい為、治療の効果が出やすい傾向にあり、逆に二期治療になると骨や歯が動きにくい状態ですので治療にも長期の期間がかかってしまうリスクがある為、お子様の矯正治療を考えるタイミングとしては 6 歳より前に考えることをおすすめします。

当院でおこなう小児矯正治療の種類について

矯正治療は一般的なイメージとして金属のワイヤーで行う矯正が代表的かと思いますが、実は様々な種類があります。そしてそれぞれの装置で役割が異なりますのでお子様のお口の状態に合った装置を選ぶ必要があります。当院では 5 歳から始められる『プレオルソ』というマウスピース型矯正装置を取り扱っております。

プレオルソ(マウスピース型矯正装置)とは?

プレオルソとは歯が生えそろう前に正しく歯が生えるようにお口のまわりの筋肉を訓練するための矯正装置のことです。現役の歯科医師が開発したもので、本格的な矯正装置と比較して『安価』で『手軽』に始められるメリットがあります。

メリット
■本格的な矯正に比べて安価である
■取り外しが可能なので衛生的である
■1 日 1 時間と寝ている時だけ装着すれば良い
■正しい鼻呼吸になる
■痛みがほとんどない

プレオルソの流れについて

STEP1、無料相談
受付

まず、当院にお電話か WEB 予約でご予約をお取りいただきます。ご指定の日時にご来院していただきカウンセリングをおこないます。ご相談は無料でおこなっていますのでお気軽にご来院ください。


STEP2、診断
子どもの頃に矯正する重要性

検査や診断をおこない治療の計画を立てていきます。この際には精密検査もおこないます。
・レントゲン撮影
・噛み合わせのチェック
・治療前のお顔とお口の撮影
・歯周の検査

STEP3、診断結果

医院紹介

診断した結果によって治療期間や費用が分かりますのでご説明をおこないます。


STEP4、治療開始前の治療

プレオルソを行う前に虫歯などがある場合は開始前に全て治療を済ませます。

STEP5、プレオルソの治療開始
マウスピースをお渡ししますので装着方法などをご説明させていただき、装着を開始していきます。
以降は定期的にお口の状態をチェックするために 1 か月~2 ヶ月に 1 度ご来院いただきある程度治療が進みましたら 3 ヶ月に 1 度程度の通院となります。

プレオルソの費用について

¥50,000~¥200,000(処置料、検査料無料)

プレオルソの注意点について

プレオルソは取り外しが出来るメリットがあると同時に装着時間が短ければ短いほど効果は出にくくなります。最低でも 1 日 1 時間は装着して頂く必要があります。長く装着して頂ければその分効果も出やすくなりますので親御さんも一緒に取り組んでいくことが必須となります。

 

TEL.042-622-2724 24時間WEB予約
一番上に戻る
一番上に戻る
TEL.042-622-272424時間WEB予約