セラミック治療

セラミック治療

セラミック治療セラミック治療とは、見た目も美しい口元を実現するための、総合的な歯科治療のことです。
これまで、虫歯治療後の詰め物や被せ物をした歯は、銀歯になってしまうのが普通でした。前歯は保険診療でも白い被せ物をすることが可能でしたが、白い部分がプラスチックのため、経年により変色したり、歯茎との境目が黒くなって目立ってしまうことが多く、とても見た目が悪いものでした。
近年では、前歯はもちろんのこと、奥歯にも白い詰め物や被せ物をしたいという方が増加しています。
金属を使用しない治療も可能なためアレルギーの心配もありません。
審美歯科は、ご自身の歯の色や歯並びにコンプレックスを持たれている方に、思いっきり笑顔になっていただくための治療でもあります。ぜひ当院にお気軽にご相談ください。

セレックシステム

セレックシステムセレックとは、オールセラミックで詰め物や被せ物を作製するシステムの一つです。
従来の作製方法は、歯科技工士がセラミックの粉を盛り、それを焼いて作製していました。そのため、作製に時間がかかり、技工料がかかるため費用も高額でした。
しかし、現在当院で導入しているセレックは、患者様の口腔内のデータをパソコンに取り込み、プログラム上で設計をし、その設計通りに削り出し機械でセラミックブロックを削り、完成したものを歯科技工士と歯科医師が仕上げを行うという新しい技法です。
このシステムの導入により、特殊なケースでない限り、従来よりも低価格で高品質なオールセラミックの詰め物や被せ物をご提供することが可能になりました。
また、最短1日で装着までが可能な審美歯科として、大変ご好評をいただいております。

セレックシステムの特徴

セレックシステムの特徴

1短時間で治療が完了

多くの場合、約1時間で治療が完了するほどスピーディーです。1回の通院で装着まで完了できるため、何度も通院する手間がありません。

2高品質なセラミックブロックで作製するため耐久性が高い

規格生産されたセラミックブロックを使うため、非常に高い耐久性があります。セレック治療をした方の15年後の残存率は約93%と非常に高い結果を出しています。

3歯科技工士に依頼しないためスピーディーで低価格

セレック治療では補綴物を歯科医院内で作製するため、歯科技工所に依頼をする必要がありません。そのため、短時間で比較的に低価格でご提供することができます。

4上質なセラミックを使用しているため見た目が美しい

金属ではなく、上質なセラミックを使用しているため、天然歯のように自然で美しい見た目を実現できます。金属不使用なので、金属アレルギーの心配もありません。
※セレックは自費診療となります。

通常のセラミック治療とセレックによるセラミック治療の比較

通常のセラミック治療
  • 方法
    印象採得を行ってから歯科技工所にセラミックの作製を依頼。

  • メリット
    歯肉縁下の深部の虫歯にも対応できる。

  • デメリット
    通院回数が多い。
    汚染の可能性があり接着が不利。

セレックのセラミック治療
  • 方法
    デジタル印象により歯科医院内でセラミックの削り出しを行う。
    来院当日に装着して治療が完了する。

  • メリット
    一度の麻酔で済む。
    仮封が不要のため神経の保護や接着が有利。
    セラミックブロックの使用により材質が均一。

  • デメリット
    状態によっては適応不可の場合がある。

当院でのセラミック治療

クラウン(被せ物)

クラウンとは、治療した歯への被せ物のことを言います。
セラミッククラウンは、短い期間で歯並び・歯の色や形を美しくすることができます。
セラミッククラウンとは、歯を約1~1.5mmほど一回り小さく削った上に、セラミックでできた歯を被せることで歯並び・歯の色や形を美しく整える治療法です。
変色してしまった歯はもちろん、大きさが不揃いな歯、隙間が空いている歯、歯並びが悪い歯、歯根部分しか残っていない歯にも対応が可能です。

インレー(詰め物)

インレーとは、治療した歯への詰め物のことを言います。
虫歯になった部分のみを削り取り、詰め物を詰める治療です。
セラミックインレーとは、歯の神経を残すことができる程度の虫歯の場合などに、虫歯の部分のみを削り、そこにセラミックでできた詰め物を詰める治療法です。
見た目が良いだけでなく、汚れが付着しにくく、変色もほとんどありません。また、金属を使用しないため、金属の溶け出しによる歯や歯茎の変色もなく、金属アレルギーの心配もありません。

TEL.042-622-2724 24時間WEB予約
一番上に戻る
一番上に戻る
TEL.042-622-272424時間WEB予約